吉原ソープランド「キングスクラブ」インタビュー詳細ページ

強烈に楽しむなら、『キングスクラブ』だと思います。選べるから選ばれたのかもっ!!   マリンちゃんがミスヘブン選挙ソープ部門東京エリア第に選ばれました   オキニ「今」は決して見逃さず!写メ日記毎日更新中   マリンちゃん特別グラビア掲載しました!   貴方に「萌え」「興奮」をッ   完全業界未経験るいちゃん入店しました   キングスクラブと書いて・・・チャンスと読むんです!!   ☆新人イベントレア情報を!メールでっ!GETプラチナメールが!殿方の心を鷲掴み!   プラチナメール登録5,000円割引合言葉あります!   優しく優しく育てる新人育成プロジェクト発足です!!   面接ラッシュはお客様のお陰もうキングスから離せない   最寄りの駅までお迎えに上がりますさあ今すぐお電話をっ!
  • 写メ日記リンク ☆みひろ☆
  • 写メ日記リンク ☆ゆか☆
  • 写メ日記リンク ☆あのん☆
  • 写メ日記リンク グラビア・動画
  • 写メ日記リンク インタビュー一覧
  • 写メ日記リンク 新人

インタビュー

  • 女の子画像2 ☆みれい☆
  • 女の子画像3 ☆みれい☆
  • 女の子画像4 ☆みれい☆
  • 女の子画像5 ☆みれい☆

ソープは男性のデ○ズニーランド! 私は夢の世界を提供するキャスト! 非日常のアトラクション、スペシャルMットプレイはいかがですか?

往年のナンバーワン嬢にMットを教わったという、みれいさん。
『こんなMットは初めてだよ!』とお客さんに驚かれ、大好評とのこと。
ソープランドは男性のデ○ズニーランドだと思って、お客さんとすごす時間を楽しいものにしたいという想いに溢れています。でも、ときには自分がキャストであることを忘れて気持ち良くなっちゃうこともあるようですよ。



【とにかく一緒にいる時間を楽しくすごしたい・髪型によって変わる雰囲気】

話しやすい雰囲気がいいよね〜。
「あはは。でもちょっと人見知りはするんですよぉ〜。でも私の倍以上に、お客さんが緊張してたり、人見知りだったりするじゃないですか。だからそこはお客さんと早く仲良くなれるように自分から行くようにしてますね」

ほうほう。親しみやすいからすぐに打ち解けられそうだもんな〜。
「うふふ。お客さんには仕草が可愛いって言われますね。ワシャワシャ〜っていう感じで、『可愛いね〜っ!』って言われたり。うふふ」

あはは。じゃれ合う感じと。
「とにかく一緒にいる時間を楽しくすごしたいので、けっこうじゃれ合ったりするのは好きですね。だから最初お客さんが緊張してたりしたら、(両手を広げて)おいでぇ〜って言う感じです。ここに来てぇ〜って。うふふ」

お〜! いいね〜。可愛いね〜。飛び込みたくなっちゃうわ〜。
「おいでぇ〜って。お疲れちゃ〜んって言って。うふふ」

あはは。癒されそうだな〜。
「でも、顔はちょっときつめに見られることがあるので、ちょっとSっぽく見られるときもあるんですよね」

なるほど〜。芸能人では誰かに似ているって言われる?
「私は髪型でけっこう顔の印象が変わるんですよね。だから以前、別の仕事をしているときに髪型を変えて行ったら、新人さんが入ったと思われて勘違いされたんですよね。すみません…、私ですって言ったら、『あ〜、君か〜』って言われて。あはは」

あはは。そんなに変わると。
「(束ねている髪を下ろす)このくらいですね。たぶん全然イメージが変わると思います」

お〜! 確かに全然印象が変わるわ〜。
「これでまたオールバックにしたらまた違うみたいです」

なるほど〜。不思議な魅力だね〜。
「今は髪が長くて下ろすと胸のあたりまであるんですよね。接客しているときは上げたりしているので、終わったあとに下ろすと、お客さんに『雰囲気変わるね〜』ってだいたい言われますね。うふふ。やっぱり男性って髪が長い子が好きなんですかねぇ〜? 切ろうか悩んでるんですけどね。うふふ」

なるほどね〜。でも、どんな髪型でも似合いそうだな〜。
「うふふ。今まで言われた芸能人だと、しょこたんと二階堂ふみさん、小柳ゆきさん。あとはAV女優の紅音ほたるさんですね。あとは元AKB48の秋元才加さんですかね。でもあの人たちはスタイルがいいから。うふふ」

お〜! どの子も面影はあるね〜。ちなみに、普段のお出迎えはどんな衣装?
「ワンピースだったりベビードールだったりですね。ヒールを履いて」

お〜! いいね〜。ベビードールはドキドキしそうだな〜。
「いやぁ〜、でもけっこう普通だと思います。ほかの女の子がどんな接客してるのかわからないので、自分の中で必死ですね。これでよかったのかしら…? って。だから、最後に『名刺ちょうだい!』ってお客さんに言われると、また会えるかもぉ〜って思えるので嬉しいですね。うふふ」


【コンプレックスでありセクシーでもあるお尻と太もも・お客さんには甘えたいし甘えられたい】

私ってエロいな〜って思うことはある?
「私は男性のお尻を触るのが好きなんですよね。だからけっこうお客さんのお尻を触っちゃうかもしれないです。うふふ」

お〜! お尻フェチと。
「例えば電車とかでいいお尻を見ると、プイって触ったら痴漢になるんだろうなぁ〜って、ちょっと妄想はしちゃいますよね。今ここでやったらどうなるんだろう〜みたいな。うふふ」

あはは。妄想なら問題ないもんね。
「あはは。妄想で踏みとどまってます。もともと自分がお尻と脚がちょっとコンプレックスなんですよねぇ〜」

へ〜。お尻が大きいとか?
「そうなんですよぉ〜。お尻が大きいのがけっこう小さい頃からコンプレックスで。でもお客さんには『いいお尻だね〜』って褒められたりはするんですけどね」

ほうほう。お客さんにとってはいいお尻と。
「本当に、お尻っていう感じのお尻をしているみたいです。お尻っていう。うふふ。だからお尻好きなお客さんには喜ばれますね。でも今のプロフィールの写真ではお尻を出してないから、もったいないことをしているかもしれないですね。あはは」

あはは。いいお尻に踏まれたいわ〜。
「あはは! そうなんですねぇ〜。でも、そういうことはあんまり言わないお客さんが多いですね。言ってもらえたら、こうかなぁ〜って言って全然しますけどね。うふふ」

あはは。いいね〜。そして脚もちょっと気になると。
「そうなんですよね。ちょっと太ももが太いので」

へ〜。でもちょっと太いほうがセクシーだと思うな〜。
「いやぁ〜、でも細い女の子に憧れますよねぇ〜。うふふ」

あはは。何か運動でもしていたの?
「もともと陸上部だったので、それもあるのかもしれないです。だからちょっとしたマッサージをお客さんにして、筋肉をほぐしたりもしますね」

ほう。マッサージできると。
「2回とか3回できるお客さんだったら全然しちゃいますけど、やっぱり回数ができないっていう方もいるので、そういうときはマッサージをしてリフレッシュしてもらったりしてますね」

なるほど〜。いいね〜。ちなみに陸上の種目は?
「今なら絶対にやらないだろうなぁ〜って思いますけど、中学生のときに800メートルをやってました。うふふ」

お〜! 800メートルってきつい種目だよね〜。
「あはは。そう言われますね。で、今になって思うんですけど、そのときの顧問に、私達毎日バナナを食べさせられてたんですよ」

ほうほう。
「朝練と夕方の練習のときに食べさせられていて、『バナナを食べたエネルギーで走れるんだよ』みたいな感じで言われてたんです。でもこないだ友達に、あれはセクハラだったんじゃないか? って話になったんです。うふふ」

あはは! 顧問はバナナを食べる女の子を見て興奮してたと。
「だったのかなぁ〜って。今じゃ問題になることが多いけど、その当時の小学生、中学生はわからないですよね。とりあえず、バナナは一生分食べたから、もう絶対に食べないって話してました。あはは」

あはは!
「でも小学生ながらに思ったのが、先生が放課後に可愛い女の子を膝の上に乗せてたんですよ。今思うとちょっと怪しいですよね」

あはは。確かに怪しいね〜。
「でも私はそれがちょっと羨ましいって思ってたんです。なんか認められたっていう感じがして、先生、私はぁ〜? って言ったら、『今度ね〜』って言われて、今思うと本当に馬鹿だったなぁ〜って。うふふ」

あはは。でも羨ましかったと。
「その頃から興味があったってことだと思うんですよね。そうやって膝の上に座れるって特別な感じがするっていう。認めてもらいたいっていうのもそうだし、スキンシップも好きだったんだと思います。うふふ」

なるほどね〜。年上好きなのかな?
「ではないんですよね。年上だったら甘えたいし甘えられたいし、でも年下でも甘えられたいし甘えたいし、両方なんですよね。我がままなのかなぁ〜。あはは」


【ソープは男性のデ○ズニーランド・驚かれる古風なMット】

好きなプレイは?
「Mットがすごい好きなんですよね。だからあれもしたいしこれもしたいしって自分の中で考えちゃうと、短い時間のコースだと、ちょっとMットがテンパっちゃうんですよね。うふふ」

お〜! そのくらいやりたいことがいろいろあると。
「そうですねぇ〜。100分以上だったら全然できるんですけどね。でも最初にどういうのが好きかを聞いちゃうんですよね。どんな感じにしたい? って。そのイメージに合わせるようにしてますね」

なるほど〜。
「ソープランドって男性のデ○ズニーランドって聞いて、『みれいちゃんはキャストなんだよ』って言われて、すごい納得しちゃったんですよね。そうか私、ミッキーなんだぁ〜って思って。あはは。じゃあせっかく時間をいただいたんだから楽しまなきゃねって思ったんですよね。その中で、Mットはアトラクションの一部だなっていう感じですね」

なるほどね〜! どちらも夢を与える場所と!
「だからMットも一緒に楽しみたいので、Mットは『お〜っ』ってお客さんの反応があったほうが楽しくなっちゃいますね。あっ、ここがいいのねぇ〜みたいな。うふふ」

うんうん。いいね〜。じゃあ、どんなことを意識しながらMットを?
「私のMットって古いMットだと思うんですよね。吉原がトルコ風呂って言われていたときのナンバーワンのお姉さんに教えてもらったMットなんですよ。なのでもうおばあちゃんっていう感じの人だったんですけど、すごいスパルタで教えてもらったんです」

お〜っ! それは気になるな〜! じゃあ、今の時代の子がやっているMットとは違うと?
「お客さんはビックリしますね。『こんな感じのMットもあるんだ〜!』みたいな。知らなかったっていう感じで驚かれますね」

お〜! すごいな〜!
「お客さんがうつ伏せのときは何をされてるかわらからないと思うんですよ。ただ、『今までにないMットだったよ!』って言われますね。歴代に入る? って聞いたら『入るね〜!』って言ってもらえたりするので、3位くらいに入れといてねって言って。1位はとてもじゃないので遠慮しておきます。うふふ」

あはは。珍しいやり方なんだろうな〜。
「これはほかの女の子もしていることだと思うんですけど、常にオチ○チンにはソフトタッチで触れるようにしてますね。やっぱりデリケートな部分なので、そんなに強い刺激っていうのはしないようにしてます」

なるほどね〜。常に触れていると。いいね〜。
「見えそうで見えない、触られてそうで触られてないみたいなのがMットだったらできるかなぁ〜って思います。Mットって非日常じゃないですか。だからぜひ楽しんでもらいたいなって思います。でもMットが苦手っていうお客さんには、私はBッドで攻めるのも好きだし、逆に攻めてもらうのも好きなので、Bッドで楽しんでいただいてますね」

うんうん。いいね〜。じゃあ、どんな攻めが好き?
「そのときそのときによって違うんですけど、絶対に攻めるのは指です。うふふ」

ほうほう。指ね〜。
「指がけっこう感じるっていうのを知らないお客さんは多いんですよね。でも逆に、お客さんに攻められてるときに、あっ、ここが感じるんだぁ〜って思うときがあるので、もう日々勉強ですよね。うふふ」

あはは。いいね〜。指を舐めるのってエロいな〜。
「基本的に舐めるのは好きなので、フ○ラとかも得意ですね。なんか舌が長くって、あとは先端が尖ってるんですよ。で、舌の力も強いのかな…。うふふ」

お〜! いいね〜。いろいろな攻め方ができそうだね〜。
「うふふ。やっぱり舐めてるとすぐに大きくなってもらえますね。それで、『気持ち良い〜!』って言っもらえたら嬉しいですよね」


【キスをするとムフフ〜ってなっちゃう・ンニャ〜って隠れてイッちゃう】

ムラムラしちゃうときはある?
「ムラムラするのはキスした瞬間ですね。その瞬間に、ムフフ〜みたいな感じになりません? 難しいかなぁ…。あはは」

あはは! 確かに。
「なんかこう、ニャ〜ってなりますよね。初めは軽いキスが好きなんですよね。いきなりガッて来られちゃうとビックリしちゃうので、だからABCみたいな段階を踏むチュウが好きかなぁ〜。ボルテージが上がって行くみたいな。うふふ」

なるほどね〜。じゃあ、前戯も段階を踏んだほうがいい?
「そうですねぇ〜。でもけっこうなんでも感じちゃうんですよね。恥ずかしいくらい。すみません…、みたいな感じで。あはは。敏感なんですかねぇ〜」

ほうほう。いいね〜。
「私はたぶん、全身が性感帯なんだと思います。このお仕事を始める前は前戯とかは淡泊だったのかもしれないですけど、始めてからはけっこう全部感じるようになったかなぁ〜って思います。カラダが成長したのかもしれないですね。うふふ」

うんうん。開発されたのかもね〜。じゃあ、けっこうアエギ声も出ちゃう?
「出ちゃいますねぇ〜。だからお客さんに攻めてもらっているときは、ちゃんと答えるようにしてかな。あっ、そこいい、そこ気持ち良いって言っちゃう。そのほうが自分も楽しいし、お客さんも楽しいかなぁ〜って。うふふ」

お〜! いいね〜。おねだりもしちゃったり?
「そこは恥ずかしいから言えないんですよねぇ〜。うふふ。そこは恥ずかしいんですけど、でも本当に仲良くなってくると、ご本指さんとは野球拳とかしますから。で、負けたらどれを脱ぐかを決めて行くっていう。あはは」

あはは。野球拳っておもしろいな〜。恥ずかしさも薄れて来くと。
「けっこう仲良くなってからっていう感じですね。最初は緊張しちゃいますね。でも緊張してるときのドキドキもけっこう好きなんですけどね。うふふ」

あはは。いいね〜。じゃあ、好きな体位は?
「私はけっこうなんでも好きなんですよね。正○位も好きですし、騎○位も好きですし、バ○クも好きですし。それぞれによさってありますよね。うふふ」

あはは。いいね〜。
「正○位だとギュ〜ってできるところがいいですね。あと、ちょっとMな気持ちになるんですよね。騎○位は、ちょっと自分が攻めてる感じ。ここかなぁ〜っていう感じで攻めて、お客さんが感じてくれたら嬉しいし。バ○クは、開放的な感じで、ウニャ〜ってなりますね。あはは」

あはは! いいね〜。ちなみに、ナカイキはどう?
「私は、クリでもナカでもどっちでもイケちゃうんですよ。うふふ。欲張りなんですよねぇ〜。すみません。あはは。隠れてイッちゃうこともあるんですよ。ンニャ〜って言って。うふふ」

お〜! 隠れてイッちゃうってエロいな〜。
「そうなんです。それが敏感なところなんだろうなぁ〜って思います。私はイクとツボを押されたみたいな感じになるんですよね。一瞬なんですよ、イクとしたら。気持ち良いニャンみたいな。あはは」

あはは。
「だから女の子によっては、イッたらもう何もできないっていう子がいるじゃないですか。そうではないんですけど、でも気持ち良いのがずっと続くっていうのはありますね。うふふ」


お客さんにメッセージを。
「お互いに癒し癒されるような時間を一緒に楽しみたいです。宜しくお願いします♪」

[取材後記]
ソープランドと掛けまして、デ○ズニーランドと解きます。
その心は、どちらも夢を与える場所です! 
みれいさんが与えてくれる夢のアトラクションは、なんと言っても古風で驚かれるというMットでしょう。
詳細は、実際に会ってからのお楽しみ。
そして、コンプレックスと言っていたお尻と太ももは、セクシーなお尻と太ももが好きな方は大満足するはず。
ぜひぜひ、お尻の下敷きになったり、太ももに挟まれたりと楽しんでください。
それでは、みれいキャストと、夢のひとときをすごしてくださいな!


INDEX

TOPシステムアクセスメールマガジン登録オフィシャルブログ女の子一覧新人情報出勤情報写メ日記インタビュー
グラビア&動画女の子求人

Copyright(c) 吉原 ソープKINGS CLUB Allright Reserved.